診療案内
スタッフ紹介
院内案内
医院概要(アクセス)
リンク
お問い合わせ

治療方針
治療内容

西谷聖書集会
西谷集会写真集
使徒信条の学びシリーズ
十戒の学び

神戸医学校
永遠の命とは
イスラエルの回復
聖徳太子とイエス・キリスト
近藤診療所事始
院長の趣味

イスラエルの回復と聖書預言 
はじめに
 本稿を見られた方が、この記述はパレスチナ人の立場に反対しているように誤解されると忠言してくださった。イスラエルがアラブ軍に勝ち続けて領土を拡大して行ったというような記述は、そのように読まれるかも知れませんが、反パレスチナ、親イスラエルという次元で読まれることは筆者の意図するところではありません。
パレスチナ人のなかには多くのクリスチャンがいます。またイスラエルの中にもイエスをメシヤ=キリストと信じるユダヤ人もいます。そして今日その数が増えています。2000年来の奇跡です。

永遠にユダヤ人の王と呼ばれるお方は、十字架に架かられたイエス・キリストただお一人であることをユダヤ人が悟り、ユダヤ人すべてがイエスを平和の君としてお迎えするならば、イスラエル・パレスチナ問題は解決するはずです。イエスをメシヤ=キリストと信じないユダヤ教徒とイスラムを信じるアラブ人との対立感情は、このままでは解決は困難のように思われます。しかしユダヤ教もイスラム教もともに一神教であり、同じ父祖アブラハムの末裔であります。どちらもがイエス・キリストに改心することは、他宗教信者がイエス・キリストに立ち返るよりは容易であります。一端彼らの心の目が開かれればイエスが神の子、メシアであると信じることは容易でしょう。


今日、イスラエルは国として明らかに存在している。もちろん、アラブ諸国やパレスチナ人はこれを承認しようとはせず、イスラエル・パレスチナ紛争は、いよいよ激しく、その影響は9.11事件の衝撃からイラク戦争に発展したように世界的広がりをもって今日に及んでいます。


1、ユダヤ民族と祖国復帰 
 
2000年間彷徨(さまよ)える民と言われたユダヤ民族にとって、それは未だ安住とは言い難いが、祖国が回復されたのである。確かに離散の民として諸国民の間に散らされ、迫害に耐えた時代は過ぎ去った。世界の孤児であった民に母なる祖国が回復された。かって世界史上の如何なる国もこのような歴史をたどった民族はない。この歴史的事実を奇蹟ということは言い過ぎでしょうか? 福音(ふくいん)によればイスラエルは神に敵対していても、選びによれば、彼らは神に愛せられた者である。神の慈愛(じあい)と峻厳(しゅんげん)を見る。

2、神は歴史と世界の支配者 
世界を無より創造された神は、歴史の始めから終わりまでを御支配され、今も生きて働き、神の愛を示しておられる。世界とそのなかに住む全てをつくり、最後に人を創造された神様のご計画は、御子(みこ)によって世の人々が神と和解し、神の栄光があらわされることである。そのために、約4000年前に、神はアブラハムを選び、その子孫である選民ユダヤ人を通して救い主が現れるとの預言とイエス・キリストによるその成就こそは旧新両約聖書が示すところの福音である。

ガラテヤの信徒への手紙3章16節
「ところで、アブラハムとその子孫に対して約束が告げられましたが、 その際、多くの人を指して「子孫たちとに」とは言われず、一人の人を指して「あなたの子孫とに」と言われています。この「子孫」とは、イエス・キリストのことです(創世記17章7節参照、後述)」



3、神はイスラエルの父祖アブラハムと契約を結ばれた・創世記12章
 
1:主はアブラム(後アブラハムと改名)に言われた。
「あなたは生まれ故郷/父の家を離れて /わたしが示す地に行きなさい。 2:わたしはあなたを大いなる国民にし/あなたを祝福し、あなたの名を高める/祝福の源となるように。3:あなたを祝福する人をわたしは祝福し/あなたを呪う者をわたしは呪う。地上の氏族はすべて/あなたによって祝福に入る。」



COPYRIGHT(C)2003-2005 近藤診療所 ALL RIGHTS RESERVED.