診療案内
スタッフ紹介
院内案内
医院概要(アクセス)
リンク
お問い合わ




治療方針
治療内容

西谷聖書集会
西谷集会写真集
使徒信条の学びシリーズ
十戒の学び

神戸医学校
永遠の命とは
イスラエルの回復
聖徳太子とイエス・キリスト
近藤診療所事始
院長の趣味

西谷聖書集会
日本キリスト改革派伊丹教会伝道所

競走を忍耐強く走り抜こう

ウイリアム・モア
2008.8.24

 

ヘブライ人への手紙12章1−3◆主による鍛錬

  1:こういうわけで、わたしたちもまた、このようにおびただしい証人の群れに囲まれている以上、すべての重荷や絡みつく罪をかなぐり捨てて、自分に定められている競走を忍耐強く走り抜こうではありませんか、

  2:信仰の創始者また完成者であるイエスを見つめながら。このイエスは、御自身の前にある喜びを捨て、恥をもいとわないで十字架の死を耐え忍び、神の玉座の右にお座りになったのです。

  3:あなたがたが、気力を失い疲れ果ててしまわないように、御自分に対する罪人たちのこのような反抗を忍耐された方のことを、よく考えなさい。

 

【オリンピック】

皆さん、先日のオリンピックを見ましたか。最近テレビをつけても、あるいは新聞や雑誌を開いても、オリンピックの情報を避ける事は難しいです。オリンピックは世界の全ての人々の注目を引きつけました。世界中、数10億人が鳥の巣で行った開会式を見たんだそうです。オリンピックの魅力は何でしょうか。その魅力は何よりも選手達は勝利を得る為に一生懸命に訓練を受け、最善を尽くして競技をします。その献身的努力と忍耐は本当に魅力的で、見る人を感動させ、微笑ましくさせます。

 

先週の木曜日の女子ソフトボールの競技は大変刺激的でしたね。日本のチームは勝てそうもないなのに、頑張って大きな勝利を得ました。皆は最後まで最善を尽くして金メダルの夢を叶えました。

 

【マイケル•フェルプス選手】

また、金メダル8個を得た水泳選手マイケル•フェルプスは目立つ存在でした。フェルプス選手は小さい時、注意欠陥障害と診断され、その活動過多を抑える為、水泳教室に行かせられました。彼は段々上達して、15歳でオリンピックチームに入り、16歳でアメリカ全国の選手権を受けました。そして、オリンピックの歴史で、彼は誰よりも沢山の金メダルを勝ち得ました。今まで全部で14個の金メダルを儲けました。フェルプス選手の秘訣は何でしょうか。彼は水泳の為の生まれつきの体質を持ているんだそうです。と言うのは、普通の人と比べ、上半身は足より長いので理想的水泳者の体形です。それはとても重要ですけれども、遥かにもっと大切なのは、フェルプス選手の修練スケジュールです。彼は必ず休まずに年間365日プールで練習します。自分の誕生日もクリスマスも休まずに毎日5、6時間激しいトレーニングを受け、毎週70キロ程の距離を泳ぎます。そして、そのトレーニングを支える為にフェルプス選手の食事の量はすごく大きいです。一日、約1万2千キロかロリーを消費するんだそうで、それは普通の男の人より5倍になります。

 

【霊的選手】

私達のような者は多分オリンピック競技に出られません。オリンピクはエリートの選手の為だからです。また、私達は年だけを考えても、オリンピックに参加する事は難しいです。特に中国人の体操選手を見ると、オリンピックは若者の競技である事が分かります。しかしながら、私達はオリンピック選手にはなれなくても、霊的選手には誰でもなれます。そして、私達は金と銀と銅メダルを得る為に競技する訳ではありません。霊的選手はそれより遥かにもっと貴重な目的を持っています。使徒パウロはテモテへの第二の手紙4章7−8節に霊的競技についてこう語りました。「私は戦いを立派に戦い抜き、決められた道を走りとおし、信仰を守り抜きました。今や、義の栄冠を受けるばかりです。正しい審判者である主が、かの日にそれを私に授けて下さるのです。しかし、私だけではなく、主が来られるのをひたすら待ち望む人には、誰にでも授けて下さいます。

 

【義の冠のため】

と言っても霊的選手は金と銀と銅メダルの為に最善を尽くして頑張る訳ではありません。私達の目的は最後まで信仰を守り抜き、忠実に主イエス・キリストに従う事です。そして、私達が受ける賞は義の冠であります。主なる神がイエスの十字架の贖い死を通して、御自分を信じる者に義の冠を授けて下さいます。つまり、私達は主イエスの義とされ、永遠まで神の子として生きる訳です。それは私達の素晴らしい賞になります。

 

さて、今日の御言葉に入りましょう。この個所は霊的選手私達がどのように信仰を守り、最後まで主イエスに従って、賞として義の冠を頂く事を教えて下さいます。もう一度ヘブライ人への手紙12章1から見て下さい。

「こういうわけで、私達もまた、このようにおびただしい証人の群れに囲まれている以上、すべての重荷や絡(から)みつく罪をかなぐり捨てて、自分に定められている競走を忍耐強く走り抜こうではありませんか。」

 

【わたしたちの応援者】

この御言葉によりますと、霊的選手の私達は「おびただしい証人の群れに囲まれてい」ます。つまり、スポーツ選手と同じように応援して下さる多くの人々が私達を見ています。その人々は誰でしょうか。今日の個所のすぐ前のところ、ヘブライ人への手紙11章に使徒パウロは私達の信仰の多くの大先輩達の模範を語ります。

 

【ノア】

たとえば、神はノアに全世界を滅ぼす洪水の事を知らせて、箱船を造るようにと命じました。そして、息子と共にノアは120年に渡ってその巨大な船を築きました。彼は笑い者になりました。廻りの者がノアに言いました。「あなたは本当に神の声を聞いたのか。箱船を内陸で造るってとんでもありません。私達を裁くそんな洪水はありません。」しかし、ノアはその声を無視して、神を徹底的に信じ、諦めずに120年をかけて箱船をちゃんと造りました。そして、やがて洪水が来た時、神がその箱船を用いて人類と動物を救いました。証人の群れの一人、ノアは私達にこう言うでしょう。「神の約束を信じ、私のように最後まで主に従って下さい。」

 

【アブラハム】

アブラハムもその証人の群れの中にいます。アブラハムは神によってこのように召されました。主は突然言われました。

「あなたは生まれ故郷、父の家を離れて、私が示す地に行きなさい。私はあなたを大いなる国民にし、あなたを祝福し、あなたの名を高める、祝福の源となるように。...地上の氏族はすべてあなたによって祝福に入る。」(創世記12:13

そしてアブラハムは神を信じて、知らない国へ出掛けました。色んな試練がありましたけれども、主が言われたようにアブラハムがイスラエル民族の先祖になり、この世の唯一の救い主イエス・キリストはアブラハムの子孫で地上の氏族は大きな祝福に入りました。

 

証人としてアブラハムは私達にこのような証を立てるでしょう。「主は必ず御自分の約束を守りますから、どんな事があっても諦めないで、最後まで忠実に神を信じ従いなさい。言われた通りに私は祝福の源となりました。」

 

【その他大勢の信仰の先輩者】

私達を囲む証人の群れはノアとアブラハムだけではなく、ヨセフとモーセとサムエルとダビデなど聖書に出る人物だけではなく、私達と共に過ごした多くの兄弟姉妹が含まれています。二週間前に伊丹教会で為野姉妹のお葬式が行いました。その時、為野姉妹のお話の中に信仰に導いて下さった先輩の話がありましたが、それは近藤トシ子姉妹の事です。私達の信仰の先輩は天国から私達を応援しています「頑張ってね、神が私達を支えたように、あなたも支えて下さいます。忍耐を持って主に忠実に仕えば、間違いなく決勝点に達っして、あなたは私達のように永遠まで神と共に生きられます。」

 

それは私達の大先輩の証ですから、パウロが書いたように、「すべての重荷や絡(から)みつく罪をかなぐり捨てて、自分に定められている競走を忍耐強く走り抜こうではありませんか。」

つまり、霊的選手の私達は信仰の競技をする間、全ての妨げるものを捨てなければなりません。

 

【すべての重荷、絡(から)みつく罪】

面白い事ですが、大昔の古代オリンピック競技に選手達は裸で競争しました。それは色んな意味があったと思いますが、やはり体を軽くすると、もっと速く走ったり、もっと遠く飛べたりします。使徒パウロはこのイメージを用いて霊的真理を教えて下さいます。霊的選手の私達も忠実に信仰のレースに参加すると「すべての重荷や絡(から)みつく罪をかなぐり捨て」なければなりません。信仰生活を妨げてしまう重荷は何でしょうか。沢山あると思いますが、ここでいくつを言及します。

 

【思い煩い】

思い煩いは大変な重荷になります。信仰から来る喜びを半減させ、力も奪ってしまいます。主イエスはこう言われました。「自分の命のことで何を食べようか何を飲もうかと、また自分の体のことで何を着ようかと思い悩むな。命は食べ物よりも大切であり、体は衣服よりも大切ではないか。...あなたがたの天の父は、これらのものがみなあなたがたに必要なことを御存知である。何よりも先ず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのもんはみな加えて与えられる。」(マタイ6章25,3233

 

神を信じ、思い煩いの重荷を降ろすと、自由になり、信仰の競走を勝つ事が出来ます。

 

【失望と落胆】

私達は失望と落胆の重荷も捨てなければなりません。それはキリスト者から力を奪い、信仰の競走に出ても結果があまり優れません。失望と落胆に負けると、神が授けて下さった人生は面倒臭くなり、やる気をなくします。神と隣人に仕えるどころか、自分の面倒も難しくなります。エレミヤ書17章7−8にこう記されています。「祝福されよ、主に信頼する人は。主がその人のよりどころとなられる。彼は水のほとりに植えられた木。水路のほとりに根を張り、暑さがおそうのを見ることなく、その葉は青々としている。干ばつの年にもうれいがなく、実を結ぶことをやめない。」

 

霊的選手の希望と喜びは周りの環境から来るのではなく、神に頼り、自分の希望を主にかけると、その恵みこそは神から頂きます。

 

【罪をかなぐり捨てる】

信仰の競走を走るとき、思い煩いと失望と言う重荷を降ろさなければなりません。とても大事な事です。そのものから自由になったら、ゴールまで走り続けられます。しかし、今日の御言葉によると、重荷だけではなく、「絡みつく罪をかなぐり捨て」る必要もあると言っています。何故なら、罪は私達と神との関係にダメージを与えてしまうからです。罪を犯すと主を悲しませて、信仰の歩みに害を与えるのです。罪に負けると信仰生活の勝利が経験出来ず、信仰から来る喜びと平安が少なくなります。ですから、罪を犯すと悔改めなければなりません。つまり、その罪をかなぐり捨てる必要があります。罪を甘く見てはいけません。皆さん、 罪を甘く見てはいけません。また、ただ罪に抵抗する事だけでは不十分です。御言葉によりますと、「罪をかなぐり捨て」なければなりません。神の助けで罪を捨てると、主イエス・キリストに似てきて、主との関係が近くなります。

 

【忍耐を持って】

また、犯した罪が少なくなると、勝利に当たる信仰生活を経験出来ます。さらに、「自分に定められている競走を忍耐強く走り抜」く事が出来ます。というのは、逆境と反対があっても、ゴールに着くまで忍耐を持って忠実に主イエスに従う事が出来ます。

 

【主イエスを見つめながら】

そして、私達は常に救い主イエス・キリストを見ながら信仰の競走に参加する必要があります。今日の個所の2節を見ますとこう記されています。「信仰の創始者また完成者であるイエスを見つめながら」競走を走るべきです。

 

【霊的ゴール】

オリンピック選手は走る時、あちこち見るのではなく、ずっとゴールラインを見つめます。そうしないと迷って負けてしまいます。霊的選手私達はイエス・キリストの模範を常に見つめなければなりません。記された通りに、「このイエスは、御自身の前にある喜びを捨て、恥をもいとわないで十字架の死を耐え忍び、神の玉座の右にお座りになったのです。」

 

主イエスは信者に模範を示して、私達はそれを模範とすると、まっすぐに信仰の競走出来ます。

 

【人生の金メダル】

あるオリンピック選手がやっと金メダルを得た時、目を離れずに、ずっとメダルを見つめました。友人が、「他の選手たち皆は勝つと、大声で祝うのに、あなたは何故じっとメダルを見ているのか」と聞きました。選手はこう答えました。私は16年前からこの金メダルを見つめながら訓練を受けて来ました。ですからやっと手に入れると、目を離す事が出来ません。

 

どうか私達一人一人もゴールに着くまで常に主イエスを見つめながら信仰の競走を忍耐強く走り抜きましょう。(おわり)

 

 

COPYRIGHT(C)2003-2005 近藤診療所 ALL RIGHTS RESERVED.