診療案内
スタッフ紹介
院内案内
医院概要(アクセス)
リンク
お問い合わ




治療方針
治療内容

西谷聖書集会
西谷集会写真集
使徒信条の学びシリーズ
十戒の学び

神戸医学校
永遠の命とは
イスラエルの回復
聖徳太子とイエス・キリスト
近藤診療所事始
院長の趣味

西谷聖書集会
日本キリスト改革派伊丹教会伝道所

恐れてはならない

ウイリアム・モーア

2009.1.25

 

出エジプト記14章1−16◆葦の海の奇跡

  1:主はモーセに仰せになった。2:「イスラエルの人々に、引き返してミグドルと海との間のピ・ハヒロトの手前で宿営するよう命じなさい。バアル・ツェフォンの前に、それに面して、海辺に宿営するのだ。3:するとファラオは、イスラエルの人々が慌ててあの地方で道に迷い、荒れ野が彼らの行く手をふさいだと思うであろう。4:わたしはファラオの心をかたくなにし、彼らの後を追わせる。しかし、わたしはファラオとその全軍を破って栄光を現すので、エジプト人は、わたしが主であることを知るようになる。」彼らは言われたとおりにした。

  5:民が逃亡したとの報告を受けると、エジプト王ファラオとその家臣は、民に対する考えを一変して言った。「ああ、我々は何ということをしたのだろう。イスラエル人を労役から解放して去らせてしまったとは。」

  6:ファラオは戦車に馬をつなぎ、自ら軍勢を率い、7:えり抜きの戦車六百をはじめ、エジプトの戦車すべてを動員し、それぞれに士官を乗り込ませた。8:主がエジプト王ファラオの心をかたくなにされたので、王はイスラエルの人々の後を追った。イスラエルの人々は、意気揚々と出て行ったが、9:エジプト軍は彼らの後を追い、ファラオの馬と戦車、騎兵と歩兵は、ピ・ハヒロトの傍らで、バアル・ツェフォンの前の海辺に宿営している彼らに追いついた。 10:ファラオは既に間近に迫り、イスラエルの人々が目を上げて見ると、エジプト軍は既に背後に襲いかかろうとしていた。イスラエルの人々は非常に恐れて主に向かって叫び、 11:また、モーセに言った。「我々を連れ出したのは、エジプトに墓がないからですか。荒れ野で死なせるためですか。一体、何をするためにエジプトから導き出したのですか。 12:我々はエジプトで、『ほうっておいてください。自分たちはエジプト人に仕えます。荒れ野で死ぬよりエジプト人に仕える方がましです』と言ったではありませんか。」13:モーセは民に答えた。「恐れてはならない。落ち着いて、今日、あなたたちのために行われる主の救いを見なさい。あなたたちは今日、エジプト人を見ているが、もう二度と、永久に彼らを見ることはない。14:主があなたたちのために戦われる。あなたたちは静かにしていなさい。」

 15:主はモーセに言われた。「なぜ、わたしに向かって叫ぶのか。イスラエルの人々に命じて出発させなさい。16:杖を高く上げ、手を海に向かって差し伸べて、海を二つに分けなさい。そうすれば、イスラエルの民は海の中の乾いた所を通ることができる。

 

【嵐の夜のこと】

ある嵐の夜、お母さんが自分の小さい息子を寝かしてつけようとしました。しかし、雷が落ちそうな激しい音でゴロゴロと鳴った為、坊やは恐れて、なかなか落ち着いて寝られませんでした。お母さんはライトを消し部屋を出ようとした時、坊やは、「ママ、雷が恐いから、ずっと朝まで行かないでよ」と頼みました。そして、お母さんは坊やをやさしく抱いてこう言いました。「ご免ね、ママはパパの部屋で寝なくちゃならない、だから、それは出来ないよ。」その事を聞いて坊やは、「ほら、ママも雷が怖いんでしょう」と泣きそうな声で返事しました。

 

【様々な恐怖症】

この世には限り無く恐ろしいものがあり、恐怖症は様々です。コンピューターに対する恐怖症、閉所恐怖症、動物恐怖症、死恐怖症、外人恐怖症、老人恐怖症、高所恐怖症、恐怖病恐怖症さえもあります。驚きますが、精神医学は今まで540程の恐怖症を認めて来ました。そして、これからもまた新しい恐怖症が発見されるでしょう。

 

【良い恐怖】

恐怖症が沢山あっても、恐らく全ての恐怖は二つの種類に分けられると思います。それは良い恐怖と良くない恐怖です。生存する為に良い恐怖が必要です。例えば、マムシを掴まないように、私達は有毒な蛇に対する本能的な恐怖が与えられています。また、泳げない人には深い水に対する恐怖があります。そして、車を時速180キロで走らせないように、スピードに対する恐怖が与えられています。つまり、気をつけるように、自分と相手に害を与えないように、生き残る為に、ある恐れは有益であり、求められています。

 

【良くない恐怖】

しかしながら、良い恐れがあれば、良くない恐れもあるのです。実は、殆ど全ての恐れはあんまり良くありません。何故なら、恐れは私達の喜びと生き甲斐を奪うからです。鬱の原因になります。恐れは私達のエネルギーを半減させ、効果的に生きられません。また、恐れをあんまり感じると周りの者との関係が難しくなります。そして、言うまでもなく、恐れは私達の健康に障ります。体を無理に緊張させて病気を招きます。更に、多くの場合、恐れは信仰の反対の反応でありますから、恐れは私達の信仰生活に害を与えます。主イエス・キリストが賜る「豊かな命」の経験を減少させてしまいます。ですから、色んな理由で誰でも良くない恐を生活から取り除きたいはずです。

 

神は私達キリスト者に恐れに対する非常に効果的対策を賜りました。それは恐れの代わりに信仰と取り替えます。つまり、信仰を実行する事によって恐れを捨てられる訳です。

【イスラエル民族のエジプト脱出】

今日の御言葉は聖書の中の一つの劇的な出来事を語ります。神の強い御手によってイスラエル民族は400年間の奴隷生活から解放されました。神はイスラエルの指導者モーセを通して奇跡の印をエジプト王ファラオに見せた為、ファラオは恐れてイスラエルを自由にさせました。そして、イスラエルはエジプトを出て神から約束された地へ行こうとしました。

 

【ファラオとその軍隊が追跡】

しかし、時間があまり経たないうちにファラオとその家臣はイスラエルの扱いに対して考えを変えました。今日の個所の5節に彼等はこう言いました。「ああ、我々は何という事をしたのだろう。イスラエル人を労役から開放して去らせてしまったとは。」やはり、エジプト人は奴隷の民イスラエルの労働の必要性に気がつき、彼等を去らせるのは勿体ないと思いました。ですから、イスラエルを捕まえ、エジプトに帰らせるように、ファラオは自分の軍をイスラエルの人々の後を追わせました。

 

【モーセに対する苦情】

言うまでもなく、人々はその襲って来るエジプトの大軍を見ると大変恐れました。やっと自由になったのに、急にその悪夢のような光景が現れると恐れ絶望しました。また、モーセに対して文句を言い始めました。「我々を連れ出したのは、エジプトに墓がないからですか。荒れ野で死なせる為ですか。一体、何をする為にエジプトから導き出したのですか。我々はエジプトで、『ほうっておいて下さい。自分達はエジプト人に仕えます。荒れ野で死ぬよりエジプト人に仕える方がましです』と言ったではありませんか。」(11−12節)

 

イスラエルの人々は襲って来るエジプトの大軍を見ると、すぐ前に経験した解放して下さる大きな神の力をすっかり忘れ、恐れてしまいました。そして、ヒステリーの中に更にモーセを責めました。信仰の代わりに恐怖と失望に陥って、何も出来ませんでした。恐れの故に神の救いを疑って、また非常に自己中心になりました。「エジプトに帰して欲しい。荒れ野で死ぬよりも奴隷生活がまし」だと言うしか出来ませんでした。それはイスラエル民族の恐れの故の醜い結果であります。

 

皆さん、私達も恐れに陥ると昔のイスラエルと同じような状態になります。恐れに負けると、自己中心的になり、私達の信仰と希望が弱まり、麻痺したような存在になります。その結果、直ぐ人を責めたり、惨めになります。

 

【信仰の道】

愛する兄弟姉妹、その道よりも神は遥かに優れた恵みと勝利の道を備えて下さいます。そして、主はモーセを通してその信仰の道を私達に見せて下さったのです。今日の個所の13節の所を見て下さい。「モーセは民に答えた。『恐れてはならない。落ち着いて、今日、あなた達の為に行われる主の救いを見なさい。あなた達は今日、エジプト人を見ているが、もう二度と、永久に彼等を見る事はない。主があなた達の為に戦われる。あなた達は静かにしていなさい。』」

 

【神に信頼したモーセ】

もちろんモーセも不信仰の道を選ぶ事が出来ました。彼にもエジプト軍の光景は恐ろしかったです。ですから、人々が彼を責めたようにモーセは神を非難する道を取る可能性が十分ありました。「主よ、どうして私をこの苦しい立場に置いたのですか。私を信じた人々が私を殺さなかったら、ファラオに私は殺されるかも知れません。ここまで導いたのに、エジプト軍が今襲って来るなんて残酷だ。あなたの遣り方は本当に分かりません」と言う理由は十分ありました。しかしながら、その難しい時にもモーゼは信仰の道を選んで徹底的に神を信じ頼りました。そして、公に人々の前にその信仰を表明しました。もう一度モーセのお話を聞いて下さい。

「恐れてはならない。落ち着いて、今日、あなた達の為に行われる主の救いを見なさい。あなた達は今日、エジプト人を見ているが、もう二度と、永久に彼等を見る事はない。主があなた達の為に戦われる。あなた達は静かにしていなさい。」

 

【イスラエルの救い】

モーセは神の救いと約束を信じて彼が言った通りに主がイスラエルの人々の為に戦われ、敵から彼等を救ってくださいました。聖書にその劇的救いがこう記されています。(14章26)「主はモーセに言われた。『海に向かって手を差し伸べなさい。水がエジプト軍の上に、戦車、騎兵の上に流れ返るであろう。』モーセが手を海に向かって差し伸べると、夜が開ける前に海は元の場所へ流れ返った。エジプト軍は水の流れに逆らって逃げたが、主は彼等を海の中に投げ込まれた。水は元に戻り、戦車と騎兵、彼等の後を追って海に入ったファラオの全軍を覆い、一人も残らなかった。イスラエルの人々は海の中の渇いた所を進んだが、そのとき、水は彼等の右と左に壁となった。主はこうして、その日、イスラエルをエジプト人の手から救われた。」

 

【恐れてはならない】

この世に生きる私達もそれぞれ恐れがあります。それは今襲って来るエジプト軍ではないが、私達にとっては本当のものです。少し考えたら、私達皆が感じた幾つかの恐を確認出来ると思います。愛する兄弟姉妹、考えて見て下さい。何か引っ掛かっていますか。今考えているその恐れは色んな面で良くない事に気づいて下さい。主は今私達にもモーセを通してこう語ります。良く聞いて下さい。「恐れてはならない。落ち着いて、今日、あなた達の為に行われる主の救いを見なさい。主があなた達の為に戦われる。あなた達は静かにしていなさい。」

 

【神がわれらの味方なれば】

主は大昔のイスラエル人の味方であったように現在私達の味方なのです。また、私達一人一人を愛して下さいます。御独り子主イエス・キリストは私達の為に死に至るまでも犠牲にして私達を大事にします。そう言う神、主イエス・キリストが私と共にいて、私の味方になって下さるのです。今まで支えて下さった主は現在と将来にも私達と共にいて、守って下さいます。更に、御言葉に記されたように、「神が私達に下さったのは、臆(おく)する霊ではなく、力と愛と慎みとの霊なのである。」(テモテへの第二の手紙1章7)

 

神の愛と力を心から信じ、私達の恐れを信仰に変え、主が下さる信仰によって全ての恐れを克服出来ます。神はあらゆる恐れよりも遥かに強いので、私達の恐れを神に任せて、御自分の素晴らしい勝利と解放のうちに豊かに歩みましょう。(おわり)

 

 

 

 

 

 

 

    

 

            

          

          

 

 

 

 

COPYRIGHT(C)2003-2005 近藤診療所 ALL RIGHTS RESERVED.